事業承継は待ったなし 大切な事業を次世代に引き継ぐために

国民の4人にひとりが65歳以上の高齢者となり、少子高齢化の勢いはこれからさらに増していくと言われています。少子高齢化、人口減少というどうすることもできない変化が、音もなく着実に進んでいる今、世代交代を余儀なくされる中小企業の数も同じように増加して行くと見られます。 高齢化による経営トップの世代交代、会社の跡継ぎをどうするかという問題は、中小企業に限ったことではありません。しかし、経営規模の小

続きを読む

中小企業の事業承継のイロハとは

日本における事業継承問題 日本の企業は、99.7%が中小企業です。そのうちの66%もの中小企業には、後継者がおらず、66歳の社長が多いのが特徴です。 しかし、66歳という統計結果は現在の統計には当てはまりません。 現実には、70代の社長が多いと言われています。65歳で定年退職することが一般的な世の中で、そろそろ自分もリタイアして第二の人生を考えたいと思っても後継者がいないことが問題となってい

続きを読む