中小企業の事業承継のイロハとは

日本における事業継承問題 日本の企業は、99.7%が中小企業です。そのうちの66%もの中小企業には、後継者がおらず、66歳の社長が多いのが特徴です。 しかし、66歳という統計結果は現在の統計には当てはまりません。 現実には、70代の社長が多いと言われています。65歳で定年退職することが一般的な世の中で、そろそろ自分もリタイアして第二の人生を考えたいと思っても後継者がいないことが問題となってい

続きを読む

中小企業の事業譲渡のメリット・デメリット

●後継者不足を解消してくれるM&A 後継者不足に悩み中小企業の中には、廃業を選択する他にM&Aが増えています。 中小企業のM&Aでは、株式譲渡によるM&Aが全体の約9割だと言われています。 会社がなくなると、従業員が再就職先に困り路頭に迷ってしまう恐れが出てきます。 しかし、後継者がいない会社を中堅企業や大手企業に買ってもらうことで、会社を存続させることができるのです。 株式譲渡

続きを読む