中小企業の事業承継のイロハとは

日本における事業継承問題 日本の企業は、99.7%が中小企業です。そのうちの66%もの中小企業には、後継者がおらず、66歳の社長が多いのが特徴です。 しかし、66歳という統計結果は現在の統計には当てはまりません。 現実には、70代の社長が多いと言われています。65歳で定年退職することが一般的な世の中で、そろそろ自分もリタイアして第二の人生を考えたいと思っても後継者がいないことが問題となってい

続きを読む

後継者不足による廃業を余儀なくされた例

実は倒産の3倍、休廃業・解散。廃業する企業の実態は…? 2017年の企業の倒産件数は、全国で8405件(前年比0.5%改善)。 これに対し休廃業・解散件数は28,142件で、なんと倒産の3倍以上もあります。 その理由はなんといっても経営者の高齢化と後継者不足です。 2018年、実に127万社の後継者不足による廃業予備軍がいる現状です。 「将来性がないから誰も継がないのでは?」と思

続きを読む

廃業に伴う顧客・ファン・従業員の悲喜こもごも

「突然お気にいりのお店や会社が廃業してしまった!」 ここでは経営者・従業員以外の一般の方の廃業についての声を紹介します。 お気にいりのお店や会社が廃業してしまってショックだったエピソードを教えてください。 近所にあったお蕎麦屋さんが突然廃業されました。頻繁に通っていたわけではなく年に二三回行く程度ですが、子供の頃からあったのでショックでした。店主の方が高齢になったということが

続きを読む